こんにちわ江川しげるです No.112(2018年9月)

こんにちわ江川しげるです No.112(2018年9月)

7月13日  河川事務所に要請

大和川の治水対策早急に!

 大和川の治水対策の抜本的な強化を求めて、13日、国土交通省近畿地方整備局と同大和川流域河川事務所に要請しました。

 江川議員は、昨年10月の台風21号では、大阪市内の4行政区で開設された66カ所の避難所に、3670人が避難したことを紹介。大和川が氾濫した場合の被害想定では、東住吉区内の半分以上が深さ3~10メートルの浸水となることを示し、「こうしたことがわかっているのに、放置するのは大問題。5月に大阪市の吉村市長にも要請したが、国交省としても対応を」と、山本のりこさんなどと共に強く求めました。

9月7日 大阪市会議員団 大阪市の災害対策申し入れ行う!

 9月7日、日本共産党大阪市会議員団は、吉村市長に、「大阪市の災害対策における抜本的強化を求める申し入れ」を行いました。予想される南海トラフを震源とする地震と津波、上町断層帯地震などに早急に備えるため災害対策の抜本的強化が求められる現在、大都市制度改革と称した大阪市の廃止や合区を伴う総合区制度は現行の防災行政に大混乱をもたらすことが予想されるとして中止を求めました。IR誘致、大型開発の見直しを求め、市民の防災対策、生活最優先を求めました。(要望の一部掲載)

二、防災行政に関わる改善

⑧ 学校園などの公共建築物におけるブロック塀等は、ただちに撤去すること

⑩ 水道等市民生活に不可欠であるライフラインの耐震化を早期に改善すること。 など

続報

6月28日 対区交渉協議

住みよい東住吉区に!

区民の要望を届け実現するためには、やっぱり東住吉区あってこそ!

区民ホール(文化ホール)早急に、実現してほしい

  <吉永朋之さん>

 区民ホール(文化ホール)をつくる会の吉永です。平成28年には民間活力を使って長居公園に建てるという事が検討されたが、結論は採算が取れないということでとどまっていると聞いている。大阪市として予算もつけて実現するという風に踏み込んでほしい。

◆事業調整担当課長

 この間28年度の調査結果を踏まえて、市民局とも29年度も入れて3回ほど協議しています。中々前に進んでないのが、実情です。

高すぎる国保料の引き下げを

   <竹村芳三さん>

 所得割が平成18年から、市民税方式から所得方式に変わって、一定の層は健康保険料が高くなった。それで滞納も増えたという実態がある。「非情な取り立てはしない、滞納処分とかしない」とか言いつつ、実際にはやっている。

◆窓口サービス担当課長

ご要望の趣旨については、局の方へ伝えていきたい。

江川議員

 憲法25条で生きる権利が保障されている。非常に冷酷なやり方は、憲法に違反する。実情に合わせて親身になってやっていくよう要請しておく。

介護保険料高すぎる

  <伊藤一正さん>

 今年度基準額で、月7927円と、1169円、17,3%の値上がりとなってる。この金額は全国の市・東京特別区の中で一番高い。一般会計から繰り入れをするとか、所得の高い人にはより負担していただくとか他都市ではやっている。要介護認定率が高いから保険料を上げるというのは、あまりにも無策ではないか。

◆保健福祉課長

 大阪市一番高いというのは認識しております。ご意見の方、局の方にしっかりと伝えさせていただきます。

市バス26号線の復活を

  <松田安弘さん>

 桑津2丁目に住んでいる。以前は市バス26号線があって、区役所まわりで矢田住道に行くバスあったけれど、今は6号線という事で直接矢田住道まで行き、北の方の区民が区役所に直接行けるバスがない。中野中学で乗り換えなあかん。待ち時間もあり非常に不便。以前あった26号線系統を早く復活してほしい。

◆政策推進課長

 6号と統合された分について、「是非路線の復活を」という事は、都市交通局の方には、伝えさせていただこうと思っております。

子ども食堂に支援を

  <広川律子さん>

 北田辺地域で子ども食堂をやっております。

 子ども食堂をやっているという事を、民生委員さんにも、町会の副会長さんにも、保健所にも伝えたのですが、区役所の方はご存じなのかお聞きしたい。東住吉区には既に何カ所かありますね。その実態つかんでらっしゃるのでしょうか。

 何が問題で、どんなこどもが来てて、どんな貧困の形態があるのかという事を調べて、政策につなげていってほしい。

◆子育て支援担当課長

 北田辺の情報つかんでおりませんでした。速やかにお伺いします。社会福祉協議会とも連携しながら、サポートをしていきたい。

地震時、情報が矛盾し学校現場が混乱、ブロック塀の検査、除去を

 <瀧野龍夫さん>

 地震時、吉村市長の「全校休校」の指示で、職員・保護者に混乱がおきた。

 登下校の通路、危険な塀もある。ぜひ学校のブロック塀については、金属探知器等も含めて、早急に検査するように。

◆区民企画課長

 課題だと認識しております。学校現場と教育委員会、体制をキッチリ構築していくと記者会見がありました。学校の塀も教育委員会の方で専門家が見て、報道発表してました。金属探知機という話は上げさしていただきます。

緑豊かな天王寺大和川線を

  <中森芳明さん>

 天王寺大和川線問題です。この話は10年前から3年半住民参加で議論をして、4年半塩漬けにされて、最近になってはじめて元通りの緑豊かなものにしようかという姿勢に建設局が変わってきた。これが今の到達です。区役所として、この緑豊かな大阪市内でめったにない5.5キロにわたる緑道計画をどのようにすすめようと思っておられるのか。

◆事業調整担当課長

 地域の案が固まっていけば、当然区としても地域の立場をもって建設局に様々な要望はしていきたいと思っております。

山坂公園(西側)、大阪市として継続拡張を

 山坂公園(西側)、大阪市として継続拡張してほしい。この地域で子どもらが遊べる場所として必要不可欠なもの、1年ごとにお願いして延びるんじゃなく、継続的に大丈夫やという方策を積極的に考えていただきたい。

◆事業調整担当課長

 公園存続の強い要望は、局の方に伝えておきます。細かい制度などについて、確認しておきます。

食事サービスなど地域活動の拡充を

  <河田スヅさん>

 町会で女性部長と総務副部長をしております。地域で問題となっているのは、町会の未加入者の問題と高齢者の一人暮らしが増えているという事です。

 ふれあい喫茶とか高齢者の食事サービスとかやりくりがたいへんです。

◆区民企画課長

 地域にお任せしているところが多分にあるところで、地震・防災の面、防犯の面ももうちよっと上乗せではないんですが、区としても何ができるのかというところをやってるところです。


最終更新日:2018年9月30日