こんにちは江川しげるです No.97(2015年10月)

住民自治の拡大で、みんなの声が反映する住みよい東住吉区に

2015_10_letter_97

 市政だより「こんにちは江川しげるです」No.97 2015年10月はこちら(PDFファイル)

【1面】

9月7日 区民の要望に基づき対区交渉協議
住民自治の拡大で、みんなの声が反映する住みよい東住吉区に

要望の5つの柱

  1. みんなの声が生きるまちづくりをすすめる
  2. 区民の営業とくらしをまもる
  3. 高齢者、障がい者、母と子などにあたたかい施策をすすめる
  4. 教育・文化・スポ一ツをすすめる
  5. 市民に開かれた公正・民主的な区政をすすめる

 9月7日江川議員と区内各団体・個人20名は、当面の重点施策要望書(5つの柱、90項目)に基づき対区交渉協議を行いました。

 区役所側からは、政策推進課長他9名が出席しました。江川議員は冒頭挨拶でこの交渉協議は、1999年から10数回やっている。東住吉区の多くの市民団体、町会長いろんなところから出された要望をまとめて出している。今年5月に住民投票などがあり、時期的に9月となった。

 大阪市存続の結果を受けて、大都市としての権限、予算を生かし、また大阪市の伝統文化と街を守りながら都市内分権、東住吉区(24区)の権限を広げて、市民区民の要望が住民自治の拡大ということで、みんなの声が反映する市政をつくる。前向きに皆さんと一緒に取り組んでいきたいと述べました。

長居公園にホタル、バスケットゴールポストを

江川議員 長居植物園にホタルの生殖環境をつくる。都市の魅力を高める。長居公園自由の広場にバスケットゴールポストをもう一つ増やすように。

総務課長 ホタルの件、建設局に伝える。バスケットゴールポストの件、オリンピックにも出ることになった。局に伝える。
文化ホール早くつくってほしい

新日本婦人の会の方 文化ホールほしいというのは何年来の希望です。都市格といって東住吉にも格がいるのではないか。噂では聞くがいっいつまでに建つよと希望の持てる回答してほしい。

江川議員 文化ホール 調査予算ついたとのこと。具体的に今後の方向も。区民ホール希望しても6か月とかですでに締め切り。工夫していただきたい。

企画調整担当課長 7万人を超える署名をいただいている。27年度調査予算200万円ついている。希望としては28年度には基本計画の予算取りにいきたいと思っている。

地域協議会の活動資金の拡充・活用しやすくしてほしい

連合町会役員の方 地域活動に対する補助金の上限1/2に削減するという回答。活動資金の拡充が必要だ。

江川議員 補助金が削られたことも大きな問題だが、使い勝手が悪い、ボランティアで活動している人々が気持ちよくやれるよう前の制度を復活した方が早い。

区民企画課長 26年度から50%の補助率。みなし人件費という考え方で75%の補助率ということとなっている。

路線バスの拡充、26号線、赤バス復活を

年金者組合の方 バス1時間に2本なんです。あまりに少ない。赤バス復活などもうちょっと市民の足を守る運行をしてほしい。

江川議員 ひどいとこ1時間に1本。全く市民の思いと合わない話。26号線、赤バス復活などみんなの声を聞いて交通局等に改善するように。

政策推進課長 利用状況に見合った必要な声、担当の方にお伝えする。

【2面】

対区交渉協議つづき

公立保育所・認可保育所の増設してほしい

新日本婦人の会の方 2歳になる子を持つ母親です。昨年一斉入所を申し込んだが、求職中ということで今もまだ入れていない状態です。

江川議員 子育て応援するのは東住吉区・大阪市にいちばん大切な事。善処を。

子育て支援担当課長 点数制で実際働いてる方優先となっている。認定こども園今年4施設開所、来年1カ所開設の予定となっている状況です。

JR東部市場前駅のバリアフリー早急に。新婚家庭補助制度・独身の人にも

民青の方 ベビーカー階段上り下りしている。誰が見ても大変そう。早くエレベーター、エスカレーター設置してほしい。若い世代、非正規で給}低い。ぜひ家賃補助制度充実させてほしい。独身世代の人にも拡充を。

江川議員 東部市場前駅のバリアフリー、一刻の猶予もできない。新婚家賃補助、東住吉は人口減らさないのが重点目標になっている0復活を。

区民区画課長 東部市場前駅舎のバリアフリー化早急にするようJRの方に働きかけてまいります。

政策推進課長 家賃補助復活を住宅政策課へ伝えさせていただきます。

「天王寺大和川線」住民の声を聴く場、頻繁に開催を。完成までの暫定利用を。

東住吉道公連役員の方 年度内に1~2回説明会したい言うて全然ない。2年半ほったらかし。提案ですが南田辺駅前の整備問題でワークショップ等地域からの議論の場具体化出来ませんか。

江川議員 大阪都構想NOで、特別区にならないということで具体的に進むかなと待ってるがそれもない。担当者変わった。またじっくりと話を具体的に詰まるように。

区民企画課長 基本設計作成しまして、今交通管理者(警察)の協議をすすめている。年度内には説明会きっちりしていく。

川をきれいにしてほしい

今川在住の方 今川の桜並木が素敵。すごいいい町やなと思って今住んでいる。川を魅力的にするということが、人を集めることになる。年に2回といわず3回4回清掃してほしい。

政策推進課長 今川の桜道は東住吉のいいところの5本の指に入っている。河川清掃担当の方にきっちり伝えます。

田辺模擬爆弾豊里矢田線国保・介護保険料高齢者施設図書館生活保護窓口区民サービス遊び場・学校統廃合・202条区民協議会区民ギャラリーの場所など要望発言がありました。

--------------------------

10月5日教育子ども委員会江川議員質疑

公立幼稚園・保育所の存続拡充こそ世界の流れ7園の幼稚園廃止否決

 10月5日教育子ども委員会が開かれ、江川議員は、トイレなどの学校施設整備、幼稚園廃止・民営化、日本橋小中一貫校統廃合問題、中学校教科書採択制度、保育所運営の公的責任、学校の人員不足、児童相談所の増設について質疑しました。江川議員はOECD白書等で、就学前教育の重要性が再認識され、公的に充実させる世界の流れに逆行していると批判しました。<堀江幼稚園は継続審議となりました>

幼稚園廃園、民営化について質疑

江川議員 幼児教育の重要性が再認識されている。OECDの中で教育費日本は最低。私的の支出が多いのは日本。
 OECD保育白書では「人生の始まりこそ力強く」すべての乳幼児からの発達教育が必要だと。そのために無償化は世界の流れ。これを読んでいたら公立幼稚園は地域の宝であり、大阪市・日本の宝、これを足蹴にすることは言語道断。

 西区長はOECDの提唱する幼児教育についてどのような認識を持っているのか。

西区長 有意義な文書。幼児教育カリキュラムもこの方向にそったもの。

江川議員 そうと理解するなら、民にできることは民にという時代遅れの発想の転換を。

 今、公立幼稚園の拡充こそ求められている。PTA会長が59名連名で要望書。応えるのが責務。

幼稚園運営担当課長 保護者の意見は貴重なご意見であると認識。

江川議員 大阪市・日本の宝つぶすべきでない。公立幼稚園は存続するという立場で、地域と話し合えばこんな事態にならない。

 小学校の校舎増設にすりかえて廃園。誰も納得しない。PTAの方々がボランティアでアンケート配布、集計。保護者の声は、民営化に反対圧倒的。「幼稚園だいすき」の紹介パンフ。涙なしでは読めない。堀江幼稚園の存続を強く要請する。

村上副市長 個々に言われてる点は議論あるが子育て中心にしていくというのは、同じ。

最終更新日:2018年1月12日